カクテルスペシャリスト協会

お問い合わせ

トピックスTopics

豊富なビタミンで夏バテ解消! キリリと冷やして飲みたい「サングリア」(sangria)

カテゴリ

サングリア ワインのカクテル

フレッシュなフルーツの色彩を味わう

サングリアとは、ワインにフルーツやスパイスをブレンドした飲み物で、ロックでもそのまま冷やして飲んでも楽しめます。
名前の由来は、スペイン語で血を意味する「サングレ」。発祥の地とされるスペインでは赤ワインが使われるため物々しい素性となっていますが、飲み口は至ってさわやか。ソーダやジュースなどをアレンジすると、さらに飲みやすくなります。
また、フルーツの鮮やかな色合いも、このカクテルが持つ大きな魅力でしょう。

ロッソとブランカはお好みで

古典のサングリアは、赤ワインをベースにした「ロッソ」タイプですから、同色のイチゴやベリー類を混ぜるのが定番です。
これに対し現在では、白ワインを使った「ブランカ」タイプも登場。フルーツの色を損なわないため選択肢が多く、見た目がカラフルで、宝石箱のようなサングリアをブレンドすることができます。逆に、ライムやレモンを多用し、辛口に仕上げることも可能です。
しかし、サングリアはオーセンティックバーでは提供しているところは少ないかもしれません。一般的にはある程度の杯数分を前もって作り、フルーツを漬けて味わいを出すため一日か半日置いてから出します。スペイン料理のレストランでは自家製サングリアをウリにしているところもあります。

サングリアの楽しみ方

暑い夏、キンキンに冷えたサングリアをスターターにすれば、食欲もぐっと増すことでしょう。
お酒が苦手な人でもジュース感覚で楽しめ、料理の種類を選びません。
アルコールの度数に物足りなさを感じるようなら、ブランデーやリキュール類を加えてみては。この場合、ロックではなく、ストレートがオススメ。
一方、寒い冬であれば、ホットサングリアという手もあります。冬に不足しがちな栄養分も補えますし、まさに一石二鳥。事実ヨーロッパでは、風邪に効果のある家庭の知恵として、昔から親しまれてきました。日本における卵酒のような存在なのかもしれませんね。


今ならカクテルについてもっと学べる講座を実施中。カクテルスペシャリストの資格を取得してみては?詳しくは以下をクリック。